Security by Designのその先 – Security Development Lifecycleに求められるもの

<資料のダウンロードはこちら(配布版のため当日のプレゼン資料と異なります)

講演概要:
2000年初頭から始まったセキュリティ対策のキーワードSecurity by designがやっと社会で認知されつつあるなか、本講演ではsecurity by designの概念だけでは不十分であることを示し、IOTや重要インフラ製品など対象のLifecycleが多様化する中でどのような指針が情報セキュリティを守る中で有効なのか、Security Development Lifecycle(SDL)の概念を用いて議論をする。そして、SDLを拡張した新概念を用い、開発者、製造者、調達者、利用者のそれぞれの役割と責任について議論をする。

講演者:

Jun Takei Intel Corporation
セキュリティ政策担当ディレクタ
TCG日本支部共同議長
竹井 淳(たけい じゅん)

博士(学術・メディア)
2005年よりインテル株式会社勤務、通信政策、プライバシー、セキュリティ対策など広くかかわる。2011年より公共政策担当執行役員、2014年米国本社公共政策部門へ異動、現在に至る。

Join

Membership in the Trusted Computing Group is your key to participating with fellow industry stakeholders in the quest to develop and promote trusted computing technologies.

Join Now

Trusted Computing

Standards-based Trusted Computing technologies developed by TCG members now are deployed in enterprise systems, storage systems, networks, embedded systems, and mobile devices and can help secure cloud computing and virtualized systems.

Read more

Specifications

Trusted Computing Group announced that its TPM 2.0 (Trusted Platform Module) Library Specification was approved as a formal international standard under ISO/IEC (the International Organization for Standardization and the International Electrotechnical Commission). TCG has 90+ specifications and guidance documents to help build a trusted computing environment.

Read more