インターネットに接続された機器に迫る脅威とJPCERT/CCの取り組み


<資料のダウンロードはこちら>

概要:

近年、様々な機器がインターネットに接続されつつあるが、全ての機器がインターネットに接続されることを前提に開発されたものではない。そのため、従来の利用シーンやシステム構成では考慮する必要がなかったセキュリティ上の問題に直面している機器も存在している。本発表では、インターネットに接続された機器に関する最近の脅威とJPCERT/CCの取り組みを紹介する。

講演者:
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
制御システムセキュリティ対策グループ
情報セキュリティアナリスト 阿部 真吾

2008年に東芝ソリューションに入社し、IT セキュリティに関する研究開発(暗号実装、Android Tablet 向けMDM開発、鍵管理システム開発等)に従事。2014年10月より、JPCERTコーディネーションセンター制御システムセキュリティ対策グループに着任。主に制御システムに関するインシデント対応、情報収集・分析・発信、関係構築等に従事。

注:) 上記リンクよりダウンロードいただける資料は公開用の資料で当日のプレゼン資料とは若干異なります。

Join

Membership in the Trusted Computing Group is your key to participating with fellow industry stakeholders in the quest to develop and promote trusted computing technologies.

Join Now

Trusted Computing

Standards-based Trusted Computing technologies developed by TCG members now are deployed in enterprise systems, storage systems, networks, embedded systems, and mobile devices and can help secure cloud computing and virtualized systems.

Read more

Specifications

Trusted Computing Group announced that its TPM 2.0 (Trusted Platform Module) Library Specification was approved as a formal international standard under ISO/IEC (the International Organization for Standardization and the International Electrotechnical Commission). TCG has 90+ specifications and guidance documents to help build a trusted computing environment.

Read more
Please wait...

Subscribe to our newsletter

Want to be notified when our article is published? Enter your email address and name below to be the first to know.