IoT製品の開発における要点

<資料のダウンロードはこちら(配布版のため当日のプレゼン資料と異なります)

講演概要:
当社では10年以上にわたり、特にB2B向けのネットワークにつながるIoTデバイスを中心に開発・提供しているが、当初よりサイバーセキュリティ対策は喫緊の課題であり、今日までその対策に取組んできた。今回はその取組みの一端と、製品開発における開発者視点でのセキュリティ対策を検討する上でのポイントについて紹介する。

講演者:

Kogata Katsunori_Panasonic_400px パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
イノベーションセンター マーケティング統括部
マーケティング1部 事業推進課 主幹
古賀田 勝則(こがた かつのり) 様

1991年 松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)入社。
現在は、社内外に対してIoTサイバーセキュリティに関するコンサルティング、ならびに関連技術のライセンス・サービスを展開している。
一方で、市場普及のため、SIP第一期「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」でIoTデバイスにおけるセキュリティガイドラインの検討・作成や日本学術振興会へ参画し活動している。

Join

Membership in the Trusted Computing Group is your key to participating with fellow industry stakeholders in the quest to develop and promote trusted computing technologies.

Join Now

Trusted Computing

Standards-based Trusted Computing technologies developed by TCG members now are deployed in enterprise systems, storage systems, networks, embedded systems, and mobile devices and can help secure cloud computing and virtualized systems.

Read more

Specifications

Trusted Computing Group announced that its TPM 2.0 (Trusted Platform Module) Library Specification was approved as a formal international standard under ISO/IEC (the International Organization for Standardization and the International Electrotechnical Commission). TCG has 90+ specifications and guidance documents to help build a trusted computing environment.

Read more