IoT時代に求められるリスク対応とJPCERT/CCの取り組み

<資料のダウンロードはこちら

講演概要:
IoT技術の拡がりとともに、インターネットへ接続される機器の数は増加の一途をたどり、製品の利用形態もまた多様化している。このような状況の中、製品をとりまくセキュリティリスクも多様化し、それらのリスクへ対応するための体制づくりがより強く求められるようになっている。本セッションでは、主にIoT機器を取り巻くセキュリティの現状と課題について説明しながら、製品開発者のリスク対応や体制整備を支援するJPCERT/CCの取り組みについて紹介する。

講演者:

一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター
早期警戒グループ 脆弱性アナリスト
福本 郁哉 (ふくもと いくや) 様

前職において、Webアプリケーションやモバイルアプリの脆弱性診断、セキュア関連コンサルティング、脆弱性診断ツールの開発などに従事。2017年、JPCERTコーディネーションセンター早期警戒グループに着任。脆弱性アナリストとして、脆弱性の解析業務に携わる他、セキュアコーディングに係る講師や情報セキュリティの啓発活動も行っている。

Join

Membership in the Trusted Computing Group is your key to participating with fellow industry stakeholders in the quest to develop and promote trusted computing technologies.

Join Now

Trusted Computing

Standards-based Trusted Computing technologies developed by TCG members now are deployed in enterprise systems, storage systems, networks, embedded systems, and mobile devices and can help secure cloud computing and virtualized systems.

Read more

Specifications

Trusted Computing Group announced that its TPM 2.0 (Trusted Platform Module) Library Specification was approved as a formal international standard under ISO/IEC (the International Organization for Standardization and the International Electrotechnical Commission). TCG has 90+ specifications and guidance documents to help build a trusted computing environment.

Read more