第8回公開ワークショップ

11月2日(水)に「第8回TCG日本支部公開ワークショップ」を開催しました。
ゲストスピーカーとして、内閣官房にて情報セキュリティ補佐官を務められる慶應義塾大学環境情報学部/大学院政策・メディア研究科教授 徳田英幸様、JPCERT/CC 制御システムセキュリティグループ情報セキュリティアナリスト阿部 真吾様のお二方をお招きし、IoT時代に求められる情報セキュリティ対策とその展望についてお話いただきます。それにに引き続きIoT時代のTCGの取り組みについての現状をご紹介させていただきました。
後半のパネルディスカッションでは、「サイバーセキュリティ~2020に向けて」と題し、2020年に向けてのサイバーセキュリティに関わる社会的課題を議論させていただきました。第一部では、現在、実空間における新型ウイルス対策の現場におられ、さらに以前は情報セキュリティ政策に関わられておられた内閣官房内閣審議官 山田 安秀 様をお迎えし、サイバー空間でのセキュリティ問題を公衆衛生政策の視点から、その類似性と課題について対談をさせていただきます。第二部では、当日ご登壇いただく皆様と2020年に向けて、産業界、政府、そして利用者の役割とその方向性について議論をさせていただきました。
また、ワークショップ終了後、ネットワーキングの場を設けさせていただき、TCG技術のデモを予定しております。
IoT/組み込み分野は今後成長が期待される分野で、あらゆる産業、業種において利用される次世代のICT技術と期待されております。現在IoTに関わりが無い方を含め、情報セキュリティに関わる皆様に広くご参加をいただき意見交換の場とさせていただきました。

※配布可能な資料に関しては、アジェンダのセッションタイトルをクリックいただき、各セッションのページからダウンロードいただけます。

日時: 2016年11月2日(水)13:30-19:30 (受付13:30~)
場所: 秋葉原UDX 4F GALLERY NEXT1 & NEXT3
<住所>東京都千代田区外神田四丁目14-1
<電車によるアクセス>JR秋葉原駅電気街口から直通の「アキバブリッジ」を通って徒歩3分。
主催・協力・後援: TCG 日本支部(JRF) 主催
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター 協力
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 後援
テーマ: 「IoT、組み込み系システムの機器に求められるセキュリティ」
参加費用: 無料
参加対象: IoT、組み込み系システムの企画、設計、開発に携わる方、他セキュリティにご興味をお持ちのTCG会員、その他の皆様
定員: 150名
お申し込み: オンラインでこちらからお申し込みください。(終了しました)
※上記サイトでのご登録にご不都合等がございましたら、以下の情報を添えてTCG事務局までメールにてお申し込みください。参加者名(ローマ字), 貴社名(ローマ字), 所属, メールアドレス, 電話番号, 懇親会(はい or いいえ)

お申し込みに関する注意事項:
※ 登録は定員になり次第締め切りさせていただきます。
※ 定員を大幅に上回る場合、TCG会員を優先させていただく他、抽選、または1社からの参加数を調整させていただきます。
※ お席の関係上、参加対象外の方はお申し込み頂いた後お断りすることもございます。その際は、別途事前にご連絡させていただきますので、予めご了承ください。

アジェンダ: 

時間プログラム
13:30 - 13:35開会挨拶

TCG日本支部共同議長 TCG常任副理事
レノボ・ジャパン株式会社
河野 誠一 氏
13:35 - 14:15インターネットに接続された機器に迫る脅威とJPCERT/CCの取り組み

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
制御システムセキュリティ対策グループ
情報セキュリティアナリスト
阿部 真吾 氏
14:15 - 14:55IoTの進化とセキュリティの課題

慶應義塾大学 環境情報学部/大学院政策・メディア研究科 教授
内閣官房情報セキュリティ補佐官
徳田 英幸 Ph.D.
14:55 - 15:10休憩
15:10 - 15:50IoTとTPM2.0

TCG日本支部メンバー
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所
宗藤 誠治 氏
15:50 - 16:00休憩
16:00 - 17:20パネルセッション:「サイバーセキュリティ~2020に向けて~」

コーディネータ:TCG日本支部メンバー/Intel Corporation 竹井 淳 

<Part 1>特別対談セッション:
「サイバー空間のウイルスと感染症のウイルス ~エボラ出血熱のアウトブレイクから世界は何を学んだか~」


内閣官房内閣審議官(国際感染症対策調整室長、新型インフルエンザ等対策室長)
元経済産業省情報セキュリティ政策室長
元IPAセキュリティセンター長
山田 安秀 氏

<Part 2> パネルセション
パネリスト:ワークショップ登壇者および特別ゲスト の皆様
17:20 - 17:30閉会挨拶

TCG日本支部共同議長 
ヌヴォトンテクノロジー株式会社
長谷川 啓子 氏
17:30 – 19:30デモ観覧 & ネットワーキング

※上記プログラムは現段階のもので変更の可能性もございます。(updated 10.24.2016)

デモ・展示参加企業:
IBM: TPM2.0及びIBM-TSS2.0のデモ
※ Lenovo: Secure Innovations 社、TPMチップの応用デモ
※ Nuvoton: TPM2.0のチップの展示
※ STマイクロエレクトロニク: TPM チップの展示
※ インフィニオンテクノロジーズ:TCG技術を用いたIoT製品ロードマップ
※ インサイトインターナショナル:TPM2.0を搭載したPCでTPM2.0用TSSの動作デモ
※ ハギワラソリューションズ: Opal 2.0に対応した産業機器向けSSDの展示・デモ

※上記内容は現段階のもので変更の可能性もございます。(updated 10.27.2016)

お問い合わせ:
TCG日本支部(JRF)事務局
[日本窓口] E-mail: [email protected]

Join

Membership in the Trusted Computing Group is your key to participating with fellow industry stakeholders in the quest to develop and promote trusted computing technologies.

Join Now

Trusted Computing

Standards-based Trusted Computing technologies developed by TCG members now are deployed in enterprise systems, storage systems, networks, embedded systems, and mobile devices and can help secure cloud computing and virtualized systems.

Read more

Specifications

Trusted Computing Group announced that its TPM 2.0 (Trusted Platform Module) Library Specification was approved as a formal international standard under ISO/IEC (the International Organization for Standardization and the International Electrotechnical Commission). TCG has 90+ specifications and guidance documents to help build a trusted computing environment.

Read more
Please wait...

Subscribe to our newsletter

Want to be notified when our article is published? Enter your email address and name below to be the first to know.